English12 続き

昨日のブログで話したEnglish12。

どんななのか気になるところ。

BC州の英語12は、

Composition 12

Creative Writing 12

English Studies 12 *

Literary Studies 12

New Media 12

Spoken Language 12

と、こんなに種類ある。

それぞれによって、少しづつ異なってきている。

例えば、リテラリーは、文字通り文学だから、そっちが中心になる。

内容が分かりにくい場合は、学校のカウンセラーとか

すでにその授業を履修した学生にに聞いたりして、自分がその授業内容に興味があるのか

ついていけそうなのかと判断して履修登録していく。

英語レベルの内容的には、ちょっと古いEnglish12のBC州試験を見つけたので、

こちらを参考にしてみてください。

試験内容は物語や詩。そして作文。

最後の作文のお題は「Happiness can be found in unlikely circumstances」

所要時間35分。

300単語以上で、3段落以上の作文を作成。

日本でいったら高校3年生の国語。

突然、English12のクラスに入ったら大変。

でも、段階を追って、English10, English11と授業を受けていくから、だいじょうぶ。

そんなにこわがることはないです。

うちの子たちには、団長をはじめ、団員がいる。

そして、団長のように心配してくれるホストファミリーもいる。

今までのうちの子たち、ギリギリでもEnglish12をきちんとパスしている。

もちろん余裕でパスしている学生もいる。

留学を考えているなら、今からでも英語の基礎力をあげていこう。

image 11

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *