カレッジとユニバーシティ

6月の卒業式が近い。

プロムや、色々忙しくなってくる高校3年生。

この6月に卒業するうちの子たちの進路はもう決まっている。

日本の大学に進学する学生は、まだ受験してないけど。

カナダ、アメリカで進学する学生は、すでに行くカレッジが決まっている。


北米のカレッジ(2年制)とユニバーシティ(4年制)の違いは何かと言ったら、

一番にあがるのが、授業料。

大学の授業料はとても高い。

地元の学生にとっても高いから、最初に2年制のカレッジに行って、

そこからユニバーシティの3年時に編入するパターンがとても一般的になっている。

もちろん最初から4年生に行く学生もたくさんいる。

そして、高校の成績。

学校の成績が、5段階評価であれば、4以上を求めるところが多い。

スポーツでカレッジやユニバーシティに行くうちの子たちは、

そこの学校のチームとコミットをして行く。

そして、フルで就学金をもらって行く学生も多い。


スポーツでなく、普通にカレッジに申請をして行く学生も、もちろんいる。

そんな彼らは、去年のうちにすでに申込をして

合格通知を去年のうちにもらっているから

最終学年の授業に余裕をもって挑んでいる。

もちろん、カレッジに入った後の勉強のことも考えて、

アカデミックな授業を履修して、

英語力をキープ。

4年生に入れる成績を持っている彼らだけど、

2年制のカレッジから3年時に編入を目指している。


image 17

Leave a Reply

Your email address will not be published.